KIMAGUREN RE:START

TO KIMAGUREN

親交のあるアーティストから
キマグレン再結成へのメッセージ

SNS

NEWS

  • 2024
    06.05 UP
    キマグレンが解散から9年の時を経て、再結成を発表!今夜、大ヒット曲「LIFE」を解散からソロ活動までの想いを語ったMCとエモーショナルなスペシャルバンドアレンジにて、「THE FIRST TAKE」で再結成後メディア初パフォーマンス!

    YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第441回公開の詳細が発表となった。

    第441回は、解散から9年の時を経て再結成を発表したキマグレンが初登場。
    結成10周年を迎えた2015年7月のラストライブを最後に、ソロ活動やプロデュース業などそれぞれ次のステップへ向かうためユニットは解散。それぞれの分野で精力的に活動を続けていたが、昨年キマグレンの復活を願っていたクレイ勇輝の最愛の母の死と、周囲からの後押しががキマグレン再結成の決め手となった。
    そんな彼らが今夜「THE FIRST TAKE」で披露するのは、2008年にCM曲に抜擢され数々の新人賞を受賞し、紅白歌合戦にも初出場を果たした大ヒット曲「LIFE」。
    今夜は、ソロ活動中のクレイ勇輝と活動をともにしてきた柔軟かつ流動的にメンバーを編成するバンドOCEANSから、元WEAVERのYuji Sugimoto、元Aqua TimezのOKP-STAR、AI美空ひばり「あれから」の作曲者であるKafu Satoh、山下達郎バンドでドラムを務めるTakumi Ogasawaraによる「THE FIRST TAKE」だけのスペシャルバンドアレンジにて、再結成を果たしたキマグレンの第二章のスタートとなるメディア初パフォーマンスとして、解散に至るまでの当時の思いとそこから重ねてきたそれぞれの時間を噛みしめるようなエモーショナルなパフォーマンスで一発撮りを披露する。

    「キマグレン – LIFE / THE FIRST TAKE」URL:https://youtu.be/oG344wRvJuk?si=oEUzQUrTspJeT_-w

LIVE

  • 2024
    09.01
    キマグレン -再会と再開-

    2024年9月1日、ワンマンライブ決定!

    日程:2024年9月1日
    時間:15:00 OPEN/16:00 START
    場所:鎌倉材木座某所(※7月17日に場所を発表)
    金額:6900円 + 1DRINK&1FOOD
    後援:FMヨコハマ/テレビ神奈川/神奈川新聞社

    先行:6月4日19:00~
    ■ オフィシャル先行
    6月4日(火)19:00 〜 6月16日(日)23:59
    6月19日(水)
    https://l-tike.com/kimaguren/
    ■プレイガイド先行
    6月25日(水)18:00 〜 7月7日(日)23:59
    7月10日(水)
    https://l-tike.com/kimaguren/

PROFILE

  • ISEKI(Vo/G)
    ISEKI'S
    RE:START MESSAGE
  • KUREI(Vo)
    KUREI'S
    RE:START MESSAGE

結成10周年を迎えた2015年7月のラストライブを最後に、ソロ活動やプロデュース業などそれぞれ次のステップへ向かうためユニットは解散。それぞれの分野で精力的に活動を続けていたが、昨年キマグレンの復活を願っていたクレイ勇輝の最愛の母の死と、周囲からの後押しがキマグレン再結成の決め手となった。
9月1日に再結成の第一歩として、夏が終わる最後の日に鎌倉材木座某所でワンマンライブが決定。
細かな場所に関しては7月17日に発表予定。

逗子育ちの幼なじみであるISEKI(Vo.&G.)とKUREI(Vo.)の2人組。
2005年、逗子海岸で海の家ライブハウス(現「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」)を立ち上げる中で結成。“LOVE+LIFE+LOCAL”という3つの「L」をテーマに、多彩な音楽性をミックスしたJ-POPを確立。
2008年、ユニバーサル シグマよりメジャー・デビュー。
同年5月にリリースした2ndSingle「LIFE」が「au Smart Sports」のCMソングに起用され、配信350万DLの大ヒット。
その後、7月にリリースした1st Album「ZUSHI」は初登場1位を獲得し、30万枚を超える大ヒットを記録した。
その年、数々の新人賞を受賞し、紅白歌合戦に初出場を果たす。
「LIFE」は京急電鉄 新逗子駅の駅メロディ(列車接近案内音)にも採用され、神奈川観光親善大使も務めた。